2017年12月13日

夫婦関係は選択理論実践の最高の練習の場

こんにちは。


いかがお過ごしでしょうか。


私は現在結婚をしていますが、選択理論を学ばなければ当の昔に離婚していただろうと思っています。


特に夫婦関係は他人同士が一緒になるので、外的コントロールが使われやすい場です。


集中中級講座の受講が終わった後に、講師の渡邉義先生から、「結婚生活は選択理論の勉強の最高の場」と教えていただいたことがあり、その言葉が今でも頭から離れません。


妻の上質世界をしっかりと理解すること。

7つの身に着けたい習慣を使うように日々意識すること。


これはいくら選択理論を学んだからと言っても、容易なことではありません。


その理由は、私たちが外的コントロール依存症に陥っていることと、周囲から選択理論的な関わり方がなかなか受け入れられないということが挙げられます。


まあ、それは私自身の精進がまだまだであるということも挙げられますが。。。


夫婦関係を良いものにしていくためには、なんといっても自分自身が変わるということがとても大切なことです。


グラッサーは「選択理論は責任ある世界だ」と下記の本で明言しています。






それくらい自分をしっかりと強くしていく必要があると思います。


ちなみに、人間関係は「磨き粉」であると私は思っています。

人間関係の中で磨かれるからこそ、その中で選択理論的な考え方を実践し、成長することができると考えています。


そのためには夫婦関係は最高の練習の場です。


幸せな夫婦とは、お互いを理解するだけなく、お互いが成長することで得られるものだと思います。

そのためには、相手ではなく、自分が選択理論を学ぶことで変わることが大切なのです。


夫婦関係を通して選択理論を学べば、必ず自分が成長できると信じています。


posted by 田中勝悟 at 14:44| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

結婚と恋愛の違い


こんにちは。
結婚と恋愛は全く違います。

何が違うかと言うと、結婚は「契約関係」だということです。
つまり、簡単に「嫌だからやめます」ということができないのが結婚と恋愛の違いです。

また、恋愛中の浮気に関して、法的に罰するのは容易ではありません。
しかし、結婚しているのに不倫すれば、慰謝料の支払いなどが法的に定められています。

そうした契約の中で、どうすれば夫婦がお互いに幸せに過ごせるかを日々考えていく必要があります。

恋愛は一緒に過ごすだけでいいのですが、恋愛となると今度は2人のための「話し合い」を何度もしていく必要があります。

お互いの上質世界にあるものと、二人の結婚生活、家族のための上質世界を何度も話し合って共有していくことが特に求められているのです。

夫婦はもとは他人です。
異なる家庭環境、成育歴の基で育ってきたし、考え方が違って当然なのです。

そのため、良い結婚生活を築くためには、「結婚という契約をどう良いものにできるか」という視点で、夫婦一緒に取り組んでいく姿勢が特に大切だと思います。




posted by 田中勝悟 at 06:46| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
google-site-verification: google00eb7532b9e0ae23.html