2017年08月20日

2017年9月の選択理論心理学研究会のご案内

2017年9月の神戸研究会の案内です。

8月はお休みをいただいていた選択理論心理学 神戸支部研究会。
9月24日(日)は通常通り行う予定です。

今回は外的コントロール心理学と内的コントロール心理学に焦点を当てて学びを深めたいと思います。

選択理論心理学では「相手を変えようとしない生き方」「自分を変えていく生き方」を目指します。

相手を変えようとすることを「外的コントロール心理学」、相手ではなく自分を変えようとすることを「内的コントロール心理学」と説明しています。

外的コントロール心理学は人間関係を破壊し、自分自身を惨めにしていきます。

そうではなく、相手を変えずに自分を変えていくことに主体を置いた「内的コントロール心理学」の生き方をしていくことで私たちは今の状況を変える可能性が高まります。

両者の違いをしっかりと理解し、選択理論の学びを深めていきましょう♪

《記》
日程:2017年9月24日(日) 13:30~16:00

場所:神戸市勤労会館 応接会議室(4階)
※ なるべく少人数で密度の濃い学びをしたいので先着10名様までです。

JR三ノ宮駅東出口下車で徒歩3分、神戸市中央区役所の隣にあります。
9階建てのビルで5階と6階以外が勤労会館になります。

参加費:1000円

参加希望は右のメールフォームからどうぞ。
また、コメントからもご予約が可能です。

10月:10月29日(日)の予定です。
posted by 田中勝悟 at 15:35| Comment(0) | 神戸支部研究会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

2017年7月の神戸研究会のご案内

2017年の神戸研究会の案内です。

5月は基本的欲求
6月は上質世界を学びました。
7月は全行動について学習したいと思います。

最近は、「させていただいている」という言葉を口癖に使うように心がけています。

もともと私は力と自由の欲求が強いので、少し気を抜くとかなり傲慢になってしまうところがあります。すぐに偉そうになってしまいやすいんですね。

偉そうな人、傲慢な人の特徴は「俺がしてやっている」と思いやすいことです。
「俺のおかげだ」と思っていることが特徴です。

恥ずかしい話、2~3年前は私も普通にそう思っていました。

そういう時の自分は、少し痛いことを言われると、反省するのではなく、「あいつは何もわかっていない」と思ってしまっていました。

今思えば、情けないことだと思います。

そこで、最近は嫌なことがあっても、辛いことがあっても、「させていただけている」と思い、そのことに感謝をしようと努めています。

そう思うことで不思議とつまらないことでイライラすることは減りました。

これは選択理論心理学的に言えば、全行動の概念で説明することができます。

7月の神戸研究会では、「全行動」について一緒に学びたいと思います。
一緒に学びを深めましょう。

《記》
テーマ:全行動―私たちの行動の原則を知る―

リード:田中勝悟 (臨床心理士・選択理論心理士)

日程:2017年7月9日(日) 13:30~16:00
(会場都合のため、7月は第二日曜日です)

場所:神戸市勤労会館 応接会議室(4階)
※ なるべく少人数で密度の濃い学びをしたいので先着10名様までです。

JR三ノ宮駅東出口下車で徒歩3分、神戸市中央区役所の隣にあります。
9階建てのビルで5階と6階以外が勤労会館になります。

参加費:1000円

参加希望は右のメールフォームからどうぞ。
また、コメントからもご予約が可能です。

8月お休みの予定です。
posted by 田中勝悟 at 09:00| Comment(0) | 神戸支部研究会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

2017年6月の神戸研究会のご案内

2017年6月の神戸研究会のご案内です。

今回は会館の都合で、日程が早く、6月4日の日曜日開催となります。
連絡が遅くなり申し訳ありません。

今回は参加者の方に事例提供をしていただき、そのことについて参加者全員で考えていく形を取りたいと思います。

私たちの不幸のほとんどは「人間関係から来ている」とグラッサーは言います。
特に自分の思いと相手との思いが全く相容れない場合、そしてその相手が大切な存在であればあるほど、私たちは苦悩するのです。

そうした事例をもとに、どんな選択があるのかを一緒に考えていきたいと思います。


《記》
テーマ:上質世界のすれ違いで私たちができること

リード:田中勝悟 (臨床心理士・選択理論心理士)

日程:2017年6月4日(日) 13:30~16:00

場所:神戸市勤労会館 応接会議室(4階)
※ なるべく少人数で密度の濃い学びをしたいので先着10名様までです。

JR三ノ宮駅東出口下車で徒歩3分、神戸市中央区役所の隣にあります。
9階建てのビルで5階と6階以外が勤労会館になります。

参加費:1000円

参加希望は右のメールフォームからどうぞ。
また、コメントからもご予約が可能です。

7月は7月9日の予定です。
posted by 田中勝悟 at 08:44| Comment(0) | 神戸支部研究会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

リアリティセラピーは質問技法を駆使します。

選択理論心理学をベースとしたカウンセリング技法を「リアリティセラピー」と呼びます。

リアリティセラピーの特徴は、何といっても多彩な質問技法です。
例えば、「一番しんどい状態を10とすると、今はどれくらいですか?」とスケーリングを使って、相手の状態を明確にする質問もあります。

他にも「○○だったらどうする?」という仮定の質問をしたり、「もし、あなたがこう言ったとしたら相手はどう変わったかな?」と自分の行動の再評価を促す質問を使うこともあります。

いかに相手に不快な思いをさせずに、上手に聞き出し、そして選択理論的な行動ができるように支援していくか。

これを効果的に行うための技術が質問技法です。

リアリティセラピーでは質問技法をクライエントの様子や会話の流れを見ながら、タイミングよく繰り出していきます。
これによってクライエントの洞察が早く進み、そして解決の糸口が早く見つかります。

糸口が見つかれば、そこに至るのにどうやって進めていくかを考えて、実践していくことです。

もし、難しければ、何が難しかったかをもう一度検討して、再度計画を立て直していきます。
しかし、困難な状況に陥ると、当然クライエントは混乱してしまい、どうしていいかわからなくなります。

その時に再度質問を投げかけ、しっかりと傾聴していくことを通して、クライエントの上質世界をクリアにしていくことで、次どうするかが見えてくるのです。

研究会ではロールプレイを通して、質問技法の練習を行っています。

posted by 田中勝悟 at 00:00| Comment(0) | 神戸支部研究会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

2017年5月の神戸研究会のご案内

2017年5月の神戸研究会のご案内です。
今回は基本的欲求のお話をさせていただければと思います。

選択理論では「人は内側から動機づけられている」と教えてくれています。
これは人は欲求を満たすために行動を起こしているということを意味しています。

この欲求のことを基本的欲求と呼びます。

今回はこの欲求について、各々の欲求の強さを調べるワークをします。
その上で、欲求の適切な満たし方と同時に、欲求の適切な満たし方・コントロールの仕方についてお話をしたいと思います。
ちなみに基本的欲求を抑えることはできません。しかし、適切な満たし方を学ぶことによって上手にコントロールすることは可能です。

この概念を知ると、自己理解だけではなく、セルフマネージメント、アンガーコントロールがかなり上手になるので、ぜひ一緒に学びましょう。

《記》
テーマ:自分の基本的欲求を知る、欲求のコントロールの仕方

リード:田中勝悟 (臨床心理士・選択理論心理士)

日程:2017年5月21日(日) 13:30~16:00

場所:神戸市勤労会館 応接会議室(4階)
※ なるべく少人数で密度の濃い学びをしたいので先着10名様までです。

JR三ノ宮駅東出口下車で徒歩3分、神戸市中央区役所の隣にあります。
9階建てのビルで5階と6階以外が勤労会館になります。

参加費:1000円

参加希望は右のメールフォームからどうぞ。
また、コメントからもご予約が可能です。

6月は6月4日の予定です。
posted by 田中勝悟 at 11:00| Comment(0) | 神戸支部研究会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
google-site-verification: google00eb7532b9e0ae23.html