2017年06月30日

RWDEPのメリット・デメリット

リアリティセラピーにはRWDEPという手法があります。

これはグラッサーの高弟であるウォボルディング博士が提唱したカウンセリングの進め方です。



↑ロールプレイを学ぶ上で必須の本です。

まず、RWDEPとは、
R・・Relation(人間関係)
W・・Wants(願望)
D・・Doing(行動、していること)
E・・Evaluation(評価)
P・・Planning(計画)

のそれぞれ頭文字です。

具体的な手法としては、
まず、人間関係をしっかりと築き(カウンセリングではラポール形成とも言います)、
クライエントの願望をしっかりと聞き、
そしてクライエントがしていること(全行動)を一つ一つ聴いたうえで、
していることが願望に近づくのに役立っているかどうかを評価します。
そして、より良く願望を達成するための計画を一緒に考えていくというやり方です。

認知行動療法のやり方に似ていますが、一番違うことはクライエントの願望に焦点を当てていることです。
選択理論の大きな特徴は願望(上質世界)に焦点を当てていることだと言えます。

では、具体的なやり方を見ていきましょう。

会社で仕事がうまく行かず、うつ状態で休職したクライエントとのカウンセリングを例にします。

まず、クライエントの話をしっかりと聞き、信頼関係を作ります。
その上で、クライエントの願望を聞きます。クライエントは「仕事に戻りたい」と願望を明確にします。
そして、クライエントが今していることを聞いたうえで、役立っているかどうかを評価し(この場合は、家で寝ているばかりで仕事に戻るために役立つ行動をしていなかった)、復職のための具体的なプランを考えます。
次回のカウンセリングで、プランについて実践したことを聞き、良ければ次のプランを、プランが難しければ、より良いプランを一緒に考えてクライエントが実践していきます。

基本はこの繰り返しです。
大切なことは、信頼関係をしっかりと築くことと、クライエントの願望を明確にするということです。


これがおざなりだと、残念ながらどんな支援や計画も意味がなくなります。

このやり方はわかりやすく、とても使い勝手がいい手法ですがこれがリアリティセラピーの基本的なスタイルというわけではありません。

クライエントによってはこの手法が全く合わない人もいます。

やはり、リアリティセラピーの一番の特徴は「上質世界に焦点を当てる」ということです。

これを意識して日々自己研鑽を積んでいくことがとても大切なのではないかと思います。

posted by 田中勝悟 at 12:00| Comment(0) | リアリティセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
google-site-verification: google00eb7532b9e0ae23.html