2017年05月31日

最初にゴールを決める

今回はロールプレイのコツについて、お話ししたいと思います。

ロールプレイでは「最初にゴールを決める」というやり方があります。

例えば、「カウンセリングが終わった後、どういう気持ちで帰りたいですか?」という質問を投げかけることがあります。
そこで、「わからないです」とクライエントが答えた場合、「じゃあ、今よりも落ち込んで帰りたい?」と聞くと、多くのクライエントは「いや、今よりもすっきりして帰りたい」と答えるはずです。
そこで、カウンセラー役は「すっきりして帰れるようにお手伝いをしたいと思っているので、ちょっと話してみませんか?」と投げかけます。

このクライエントの落ち込みの原因が、「親がうるさくて困っている」と答えたとします。
詳しく聞いていくと、「例えば、将来○○になりたいのに、『だめだ』と反対しかしてこない」と言ってきます。

ここでクライエントの上質世界にある「○○になりたい」に焦点を当てていき、どれだけなる気があるのかを聞いていきます。
「絶対になりたい」と答えたのであれば、それに対して「どうやってなれるか」を一緒に考えていくことができます。

ここで「落ち込みをどうするか」ではなく、「夢をどうやって叶えるか」に焦点が当たり、カウンセリングのゴールが決まりました。
後はどうやってこのゴールにたどり着くかを話し合うことができます。

実際のカウンセリングではここまで来るのに回数を重ねることも珍しくありませんが、ロールプレイでは練習なので、できれば5分~10分くらいでたどり着くことができるようになることが当面の目標です。
(少なくとも選択理論心理士であれば、この水準が求められていると思います)

ロールプレイは経験と回数なので、ぜひぜひ選択理論心理学研究会で回数を重ねてみてください。
絶対にできるようになっていきますよ。
posted by 田中勝悟 at 10:00| Comment(0) | ロールプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
google-site-verification: google00eb7532b9e0ae23.html