2017年05月17日

リアリティセラピーは切れ味が鋭いので注意を!!

今回はリアリティセラピーの注意点です。

リアリティセラピーは、クライエントの上質世界をクリアにし、クライエントが今どうしないといけないかを明確にし、そのためのプランを一緒に考えることで、クライエントが自分で欲求充足ができるように支援をしていきます。

この上質世界をクリアにするということは、クライエントにとって非常に怖いものであるという認識を持っておくことは特に重要です。

今までそれを見ないことで、クライエントは苦しいながらも頑張って生きてきたという面もあります。
例えば、自由になりたいという上質世界を持ちながらも、親から逃げられないで苦しんでいる人は多いです。

そうした人はその上質世界に蓋をして、それを見ないことで何とか耐えています。
(もっと言えば、蓋をすることが上質世界に入っているとも言えます)

だからこそ、その蓋を強引に外そうとする、クライエントから思わぬ抵抗にあってしまい、「なんでこんなに抵抗するんだ」とカウンセラー自身がイライラしてしまうこともあります。

そうなると、外的コントロールを使ってクライエントをどう変えるかにカウンセリングが変わってしまいます。もはやカウンセリングでもセラピーでもありません。

上質世界をクリアにすると、一気にカウンセリングは進展しますが、切れ味が鋭すぎるため、却ってクライエントが怖くなってしまい、カウンセリングが中断することもあるのです。

カウンセリングが外的コントロール的にならないようにするためには、内的コントロール・7つの致命的習慣をどこまで実践できるかがとても大切です。

カウンセラー自身が選択理論を身に付けていかないと、リアリティセラピーを使うことは難しいでしょう。

そのために、日々の生活や、支部の研究会、学会、研修会を通して、選択理論の研鑽を続けていくことがとても大切なのです。
【関連する記事】
posted by 田中勝悟 at 12:08| Comment(0) | リアリティセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
google-site-verification: google00eb7532b9e0ae23.html